読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このままじゃいられない。

家族、

友達、

好きな人、

職場の同僚たち、

店に来るお客さん、

顔見知り、

顔馴染み、

私の世界で出会った人たち。

 

私は、

いつからか慣れてしまっていた。

失うこと、

別れること、

誰もかれも、

必ず、

どうせいつかは。

 

どうして信じられないのか。

どうしてそう思ってしまうのか。

どうしてそんなもんだと思いながら、

また人知れず涙を流すのか。

 

きっと、

きっと、

ただ、

こわいのかもしれない。

きっと、

ずっと、

あの頃のままなのかもしれない。

だって、

ほんと、

本気になったことなんてないから。

だから、

きっと、

私は私を信じれない。

きっと、

ずっと、

前から諦めていて、

ほんと、

自分は、

仕方ないと何かのせいにして、

だから、

ずっと、

何をしたって満足できやしない。

 

そんな自分を作ってしまった。

 

愉快さも、

軽快さも、

両極端に、

虚無感と、

虚脱感を生み出す。

 

ただ、

強く、

強く感じる事があり、

それが自分の意志だと確信した今、

やることは明白。

 

あぁ、

このままじゃいられない。

いられないんだ。